TOEIC他言語手当て

TOEIC他言語手当て

Language allowance

どこにいても誰とでもグローバルに仕事をする

言葉が伝われば心が通う

CTO(最高技術責任者)兼 AITMG 執行役社長 町屋 龍二。
旅客鉄道会社の基幹システム開発やインターネットサービスプロバイダーの事業立ち上げ、Android組込み端末プロダクトの開発など、長きに亘りIT関連業務に参画してきました。
システム開発、ベトナムエンジニアのマネージメントをするために現地ベトナムに滞在し、日本とベトナムを行き来しています。

ベトナムエンジニアへ開発対応を依頼する場合、先ずコミュニケータに開発内容を説明することになります。ここで注意しなければならないのが、コミュニケータへ説明した内容が100%理解され間違いなくエンジニア側へ伝えられているのかと言った問題です。
やはり技術的な要素は、なかなかコミュニケータには理解され難い部分があり、時には間違った解釈でエンジニアへ伝わることもあります。
そのような解釈の相違や誤認識を発生させないためにも、直接エンジニアへ開発内容を英語で伝えられることができれば、開発の効率化や品質向上につながることになります。
また、一番大切なことは、英語でコミュニケーションを取ることで一体感が生まれ、相互協力が円滑となる効果が期待できます。
私がベトナム滞在中には、拙い英語でもエンジニア達と会話し考え方を共有することで、気持ちの繋がりや一体感を感じることができました。
また、覚えたてのベトナム語を使うことにより、より一層親密感が増した気がしています。
文法が多少変であっても伝えたい単語だけを発することで、相手はニュアンスを汲み取ってくれてコミュニケーションを図ってくれます。

みんなで学び合える環境がインファクトにはある

インファクトでは、例えばベトナム語を学ぼうと思えば、ネイティブなベトナム語をコミュニケータから
学ぶことができます。
例えば、ベトナムオフィスでは毎朝日本と同様に朝礼を実施していますが、ベトナム語で全員とコミュニケーションがとれれば当然良い訳ですが、そうもいかない現実があります。それでも、朝礼の最後には気持ちを一つにして仕事を始めたいとの思いから、実際ベトナムで使われている挨拶の仕方をベトナムスタッフに聞くと、皆積極的に挨拶の仕方を教えてくれます。
この様に、嫌がらずに母国語を教えてくれる雰囲気があります。
また、自己研鑽も積極的で、終業後は英語や日本語をマスターするため語学センターへ通うスタッフも少なくありません。

INFACTは今後、国内のみならず積極的に海外または、訪日外国人の方をターゲットとしたビジネスに取り組みます。
そこで共通言語として英語を取り入れグループ会社全体で語学力とコミュニケーションの向上を目的にTOEICの点数に応じて”TOEIC他言語手当て”として給与に加算されます。

【”TOEIC他言語手当て”とは】
TOEICの点数が600点〜799点の場合は、1点につき10円の手当が付きます。
例えば、650点の場合 650×10=6,500円
毎月6,500円の”TOEIC他言語手当て”が1年間付きます。

800点以上の場合は、1点に付き30円の手当が付くようになります。
例えば、820点の場合 820×30=24,600円
毎月24,600円もの”TOEIC他言語手当て”が1年間付きます!

学ぶ気持ちが社内を活性化する

ベトナムのエンジニアは、学習意欲が高い人間が集まっています。
英語でのコミュニケーションが取りにくい現状、自分たちが日本語をマスターし日本のスタッフとコミュニケーションを深めていく努力をしています。
これは日本側も見習わなくてはいけないことであり、その意気込みにならって相互に活性化していくことを大いに期待しています。

グローバルに働くということ

これからインファクトは、益々海外拠点を増やしグローバル展開していきます。
そのためには、語学習得はもちろんのこと、その国の人達の思考、文化、生活を受け入れコミュニケーションを楽しむ気持ちを持ち合わせなければなりません。
「会社は人なり」と言う言葉がありますが、これは日本のみならず海外においても当てはまる言葉であり、仕事を通じて心を通わせ、同じ方向に向かっていく仲間を増やしていくことが会社の成長につながるものと考えます。国内、海外の垣根を掃いグローバル・ワンの企業として今後インファクトは進んでいきます。

 

backtotop